月別アーカイブ: 2014年10月

内気な彼女と口数の少ない私の恋愛

男子校を卒業し仕事に就きましたが、昔から女性と話すのが苦手だったので、社会に出ても女性と仲良くなるということはありませんでした。
職場では男性とばかり話している私ですが、そんな私に唯一仲良くしてくれる女性がいました。
彼女は内気な性格であまり話すのが得意ではなく、日常会話等は普通に出来るけどあまり長く話すのが好きではないらしく、無口な私といると安心できるみたいでした。
最初はお互い口数が少ないので気まずくなったりもしましたが、慣れてくるとお互い沈黙を共有出来るようになり、心地よい関係を築くことが出来ました。
女性との付き合いが苦手な私が仲良くしていることを冷やかしたり、面白がってからかってきたりしてきました。
そのおかげでほかの女性社員とも交流を取ることが出来ました。
彼女のおかげで職場の人と打ち解けることが出来、プライベートも充実していきました。
そんな生活の中で、彼女に好意を抱いていきました。
職場での飲み会があり、お酒を飲んで盛り上がったところで恋バナをするようになりました。
新入社員ということで私から話すように言われましたが、目の前に彼女がいたので言えずにいました。
皆に囃され、好きな人の特徴だけ言うと、皆は気づいたみたいでしたが、彼女は気づきませんでした。
彼女の番となりましたが、恥ずかしがって聞き取れないような声で喋って終わってしまいました。
翌日仕事の都合で倉庫に行くと彼女が作業をしていたので、勇気を出して昨日の恋バナについて聞いてみました。
皆の前では恥ずかしくて言えなかったけど、私には普通に話してくれました。
彼女の話を聞くと、昔色々あったみたいで恋愛感情に興味がないことがわかりました。
それを聞いて、ダメもとで自分の気持ちを伝えてみましたが、振られてしまいました。
彼女のタイプを聞ければ自分を変えることが出来ましたが、恋愛感情に興味がない時点で自分に出来ることはないと悟り、諦めました。
彼女と付き合うことはできませんでしたが、気の置けない親しい友人として楽しむことができました

会社の先輩に恋してしまった

大学卒業後すぐに入った会社で私は先輩を好きになってしまいました。割と小さい会社で全員全て同じフロアーで仕事しているので毎日顔を合わせ、会えば必ず会話をします。気さくな会社だったので皆仲が良く距離が近い会社でした。その会社で働き始めて3カ月くらい経った頃、同じ部署で働く先輩のことがステキだなと思い始める様になりました。その先輩とも仕事のことやプライベートのどうでもいいこととかざっくばらんに話していつも笑い合うような感じだったので、まさか恋愛感情を持つとは自分としても信じられませんでした。同じ会社の同じ部署。私は好きな人ができると態度が変わってしまうタイプなので、自分の感情に気付き始めてからは少し先輩と話すとき恥かしいと感じるようになってしまいました。毎日会えるのが嬉しい反面、もどかしい気持ちもありました。問題はその先輩には彼女がいるということ。そしてその彼女とは長いのです。付き合って3年になる彼女がいるようで、たまにサラっと彼女の話題が出たりもして、とても仲が良さそうな雰囲気。邪魔するつもりなんて勿論ないですし、彼女の話をする先輩は愚痴を言いながらも何だか嬉しそうに見えます。私としても先輩をからかったり、ツッコんだりしていたので表面上は明るく先輩の恋愛を応援していましたが、内心は『あーあ、残念』という気持ちでした。こんなに毎日近くにいるのに、いつまでも遠く叶わない恋を日々感じたほろ苦い片思いの思い出です。でも、そんな片思いばかりしていても仕方がないと思った私は新しい恋を探すことで先輩のことが忘れられるかもしれないと思い今は婚活目的の習い事に通ったりしてます。新しい恋が始まるかどうかはわかりませんが、同じ年代の男性もちらほらいて、元々自分の好きな趣味でもあるので気長に続けながらイイ人でも現れたらいいなと思っています。

ワーキングホリデー中の出会いワーキングホリデー中の出会い

私は一年間ワーキングホリデーで海外にいた時期があります。そこではたくさんの友達ができ、男女関わらずいつも皆で遊んでいて、ごはんを食べたり旅行に行ったりイベントをしたりといつも仲良く遊んでいました。毎回集まる度に楽しいのですが私は言葉の壁があったので、うまく言いたいことが伝えられなかったり、皆が盛り上がっている会話が理解できなかったりすると内心シュンと落ち込んだりすることもしょっちゅうでした。
そんな中、私が話についていけてないなと察したり、会話が上手くできずにテンパっている私を見るといつもさり気なく助け舟を渡してくれる友人がいました。それが私が好きになったオーストラリア人男性です。一対一で話すときはいつも寛大に迎えてくれて、間違えてもゆっくりでもいいから私のペースで話ができるように気遣ってくれたり、隣で今だれだれはこういう話をしているなどこっそり教えてくれたり、いつも自然な気遣いをしてくれる彼に徐々に気持ちが傾くようになりました。
しかし、私はいずれ日本に帰る身。彼と前話した時に遠距離恋愛が辛かった経験があるからもうする気はないという気持ちを聞いたことがあったので、私も自分の気持ちは伝えずそのまま感情を押し殺したまま日々が過ぎました。毎週くらいの頻度で会っていたので、この伝えきれない思いをどこにやったら良いのか悩む日々でした。帰る期日も迫っていて、ダメもとで気持ちを伝えるべきなのか、何も言わず友達として関係を続けるべきなのか…私は結局友達で居続けることを選びました。今でもどちらが正しいのかは分かりませんが、彼を失いたくはないのです。