カテゴリー別アーカイブ: 諦めきれなかった恋の行方

諦めきれなかった恋の行方

何年か前に大好きな彼から急に別れを告げられた。いきなりのことで呆然とし、状況が飲み込めず頭の中が真っ白になった。私は彼と付き合う前に結婚予定の別の彼がいた。

しかし、今の彼にアプローチをされ、少しずつ惹かれてしまい彼と別れて今の彼とのお付き合いが始まったのだ。

しかし、彼は私の元から去っていった。何がいけなかったのかも聞くこともできず、ただ悲しむばかりでいた。こんなことなら前の彼と付き合ってたら良かったんではないか、彼を乗り換えた天罰なのか、と考えにふけっていた。

そんな辛い思いをして1年が過ぎた。しかし、私の心はやっぱり彼を忘れられない自分がいてこの恋を諦めきれないままでいた。彼の連絡先も残したまま。

電話番号が変わっていなければ直ぐに連絡をすることができる。しかし、まだ傷も充分にいえていなかったのでまた、更に追い討ちをかけることがあるかと思うと怖くてできないままでいた。

そして、それから半年たったが、私はまだ彼のことが好きなままでいた。自分でも諦めの悪い自分にいい加減愛想が尽きてきた。もう良くても悪くでても連絡をして自分の気持ちに整理をつけて、前に進まなくてはならないと思い、電話は怖かったので勇気を出してメールをした。彼からは久しぶり、という普通すぎる返事が返ってきた。勝手に別れを言ったのはそっちなのにその態度?と、とれるような返事に私は少し苛立ちを覚えた。

これなら諦められるかも、と思ったのだが連絡をとれた嬉しさと未練がましい思いがあり、最後に会いたいと思ってしまった。そして、彼と1年半ぶりに会うことになった。
久しぶりに会った彼は相変わらず私の好きな彼のままであった。
そして、やっぱりまだ好きだ、という気持ちを確認してしまう再会となってしまった。その後も何度か会い、私は諦めずもう一度彼の気持ちを振り向かせようと決意し、必死に彼の為に努力した。

朝が早い彼にお弁当を作ったり、家にいったら掃除や洗濯をしたり、彼の好きな髪型や服装に変えてみたりしていた。そんな日々の努力の結果、1年後遂に彼からやり直そうと言われた。

とても嬉しかった。諦めないで頑張って良かったと思った。理由を聞くと一生懸命頑張ってる姿を見て、ここまで自分のことを好きでいてくれる人は私しかいないかも、と思ってくれたそうだ。

そして、またお付き合いを再開した2年後に結婚をすることができた。諦めきれなかった恋が自分の努力で結婚まで導いてくれたのだ。