カテゴリー別アーカイブ: 珍しく長い間好きだった人と

珍しく長い間好きだった人と

私は基本的に、好きな人ができても告白はしませんでした。
何故かと言うと、数ヶ月もすれば恋心が冷めてしまうからです。
ですが、数ヶ月経っても恋心が冷めなかったことがありました。
そんなこと今まで初めてだったので、私は戸惑いました。
私は気づいたら、以前よりも一層その人のことを目で追うようになりました。
そのうち、といっても数ヶ月経ったころですが、その人から「おはよう」と言われました。
私は緊張しすぎて、なんて返したか全く覚えていません。
その日から、彼は私に話しかけてくれるようになりました。
以前も話したことはありましたが、最低限だけの会話というかんじでした。
話す回数も増えてきて、そのうちデートに誘われました。
私はそのとき、「まさか彼も私のことを!?」と思いました。
デートに誘われたのですから、こう思っても仕方なかったと思っています。
デートは緊張しすぎて、ほとんど何も覚えていません。
ですが、帰り際に彼に告白されたこと以降は覚えています。
理由を聞くと、「チラチラ見られているのが気になって、そこから意識し始めた」とのことでした。
なんと、見ていることは彼にばれていたのです。
結構がっつり見ていたのかもしれません。
その日から、無事彼と付き合うことになりました。
ずっと彼が好きだと知っていた私の友人達は一緒に喜んでくれました。
彼の友人達は、彼のことをこれでもかというほどからかっていました。
そのときは恥ずかしくて顔が真っ赤になってしまうほどだったみたいですが、今思えば甘酸っぱい思い出です。
凄く凄く幸せでした。
ベタベタは二人ともあまり好きではなかったのであまりしませんでした。
おかげでついたあだ名が「クリーンなカップル」でした。
そのあだな自体は気に入っています。
軽々しいのは好きではないというか、むしろ嫌いなので。
彼とは、本当にカップルなのかと思いたくなるくらいかなりの奥手同士でした。
でも、初めてできた彼氏が彼でよかったです