公務員の彼とのお見合い

私の母は、私には公務員の男性と結婚して欲しかったようです。

普段からうるさいくらい、
「いいかい?女はね、結婚相手次第で、幸せにもなれるし、不幸にもなるんだよ。ハッキリ言って、ホレたハレたでご飯は食べれないのよ。相手の職業は、とても大切なんだよ。絶対公務員の彼氏を捕まえなさい!」
と、私と妹に言い聞かせていました。
自分が結婚した相手が(父親の事ですが)仕事が続かなくて、貧乏暮らしを強いられていたので、なおさらそんな気持ちが強かったのでしょう。

私に、見合いの話がありました。

私が勤めていた会社の、先輩社員の紹介でした。見合いと言っても、形式張ったものではなく、一緒に飲みに行くだけのものでした。

母は最初は、あまりいい顔をしませんでしたが、
「職業は、県庁勤務だってさ」
と、私が言うと、
「えっ?県庁勤務?行っておいで!絶対に次に会う約束までして来なさいよ!」
と、職業を聞いたとたん、とても協力的になりました。
週末の夜、私は指定された店まで出掛けました。
私の方が早く着いてしまったので、先に席に座って、カクテルを注文して、彼の到着を待ちました。
約束の時間を少し過ぎた頃、
「今晩は。遅くなりました。ごめんなさい」
と、彼がやって来ましたが、私は挨拶を返そうと、彼を見上げて固まりました。
私は決して面食いではありません。

多少性格に難があっても、ある程度ならうまく合わせる自信もありました。しかし、彼はあまりにも容姿に難がありすぎなのです。

ハッキリ言って全くタイプじゃない。いやむしろ、生理的に受け付けないタイプでした。

性格は、普通だったと思います。

背は高く、着ているものはおしゃれで、顔さえなければ合格点です。

でも、ダメなんです。どうにも、顔が。

確かに私同様独身の先輩社員が、職業も良い、年齢的にも釣り合う彼を、わざわざ私に紹介した訳が分かりました。
母は、帰った私に、
「どうだった?次に会う約束をした?」
と、聞きました。私が、
「悪いけど断った」
と、言うと、
「なんて勿体ない事を!」
と、怒られましたが、ダメなものはダメなんです。
今でもたまに怒られます。